蝶ヶ岳~常念岳(前編)

2017.9.9~10

秋の北アを1泊2日で縦走してきました。

今回はHARUの希望で常念岳に行くことに。

ただ常念岳だけでは日帰りで行けちゃうので物足りなく、土日を北アで満喫するため蝶ヶ岳から常念岳を登るルートを計画しました。この辺りはいろいろなルートがありますが、今回計画したのは三俣登山口からの周回ルートです。

金曜日仕事を終え。自宅を出発したのが20時。

中央道の談合坂でスタ丼を食べ、ここまでは順調。

がしかし、、、


登山用のズボンがない。。。

家に忘れてしまったのです。。。

悔やんでいてもしょうがないのです。

ここは談合坂SAという山の中のパーキング。近くに売ってるはずもなく、今はいているスエットみたいなものでは登れるはずもなく、まだここで気が付いてよかったと開き直り、大月インターでUターン。


結局、三俣駐車場に到着したのは深夜2時。

当然のように駐車場は満車、路駐車もいるほどです。

少し下の臨時駐車場は1割程度の混みよう。全然こっちでいいや、さくっと駐車し仮眠。

6時、駐車場はまだまだ余裕がありました。

今日の予定は蝶ヶ岳ヒュッテまでなのでゆっくり行きましょう。

完全に日が上がってからの出発です。

臨時駐車場から三俣駐車場はすぐなので無理して枠外や路駐しなくても良さそうですが、車が溢れていました。三俣駐車場には仮設トイレがありました。歩き出して三俣登山口相談所もすぐに到着します。

登山口からすぐに常念岳・蝶ヶ岳の分岐があります。

常念岳に向かうほうが前常念岳への登りがハードで体力が必要とのことでしたが、三俣をベースに周回する人にとっては同じだと思います。どっちも楽ではないです。


前半は沢沿いの道を歩き吊り橋などもあり、傾斜も緩く体を慣らしながらゆっくり歩けます。ただそこは土日の北アだけあって混んでます。

進化系のゴジラの木にも目もくれず、黙々と歩きます。ちらリズムの常念岳が唯一足を止めてくれます。

だんだんと階段も多くなり、いやでも標高が上がっていきます。いつもながら、ろくに休憩もせず上がるわけですから、後半バテてきました。

樹林帯を抜け稜線まできました。ここまでくると蝶ヶ岳はもう目の前です。長かった登りももう今日は終わりです。

蝶ヶ岳山頂に到着しました。天気は良いのですが怪しい雲が周りにあり、午後はガスっていそうな予感がしています。しばらく槍ヶ岳・穂高方面の展望を楽しんだ後は、空いてるうちにヒュッテでテントの設営です。

槍ヶ岳も涸沢も大キレットも目の前です。言葉のいらない美しさです。いつまでも見てられます。

写真を撮って昼食を食べてぶらぶらして、昼寝をして写真を撮ってぶらぶらして、もう夕食の時間です。時間がたっぷりあってたまにはこんな縦走もありだなと思います。特に夏は午後の天気が怪しいので、早めにテン場に着くのが理想ですね。

テン場が混んできました。雲も多くなってきてます。この後雨が降ってきて、夕日も見えず、星空も微妙な感じでした。夜も写真が取れる感じではなく残念でした。明日は晴れの予報です。

0コメント

  • 1000 / 1000