晩秋の奥多摩

2017.11.19 

天気の良い日曜日、電車で奥多摩へ行ってきました。

昔から奥多摩には車で行ってましたが、今回は電車で行ってみました。埼玉からでも電車でのアクセスがいいことに驚き、日帰りなら電車もアリかなと思いました。これからは電車で行く機会も増えそうです。そんな車中で石尾根か川苔山か迷った挙句、川苔山へ。

奥多摩駅の2階にはいい感じのカフェがありました。

次回は歩く前にゆっくり朝ごはん食べたいですね。Tシャツや雑貨も売ってました。

バス停にはたくさんの人で増便も出ててたみたいです。やっぱり今年は奥多摩人気ですね!

バスには乗らずにトボトボ歩きます。

紅葉のきれいな多摩川を渡り、マス釣り場の上を通り、民家を抜け登山道へ。奥多摩駅から登山道までのアクセスも楽ちんです。今回は奥多摩駅から本仁田山へ登り、そこから川苔山へ縦走するルートを選択しました。

この本仁田山は奥多摩三大急登の一つだった。

登山道に入るなり、なかなかの急坂、しかも長い。

奥多摩駅の標高は300m台と意外と低く、この本仁田山が1200mでした。

事前に何も調べず歩き出す怖さを思い知りました。

ただ景色は良い。

樹林帯ですがすごく気持ちのいい道で、晩秋の奥多摩を満喫できます。

標高を上がるにつれ風は強く冷たくなり、木々から葉が無くなっていくさまも感じられ、じっくりこの季節を味わうことが出来ました。

本仁田山山頂は、都心も富士山も見え立派な山頂です。

富士山が見えるように木を切ってる感じが気になりますが。

でも、まあここだけでも満足な本仁田山山頂でした。

本仁田山から川苔山までは稜線上で繋がっているわけではなく、しっかりアップダウンがありました。ですが先ほどの登りに比べれば何てことない感じです。

川苔山山頂は1400m、もう木々に葉はありません。

登山道にも落ち葉が溜まり、普通に歩いてるだけですが登山靴が見えません。

特に下山には注意が必要です。

この下に岩や根っこが隠れてて、あっさり簡単に転べます。

川苔山山頂、すごい人です。ちょうど昼時で、あまり写真が取れません。

展望は石尾根がきれいに見えていました。若い人も多くその人気がうかがえます。どこからこれだけの人が登ってるのかわかりませんが、同じルートではないことは確かです。

さて、右へ倣えで山頂でお昼ご飯です。

ヘルシーな感じです。

ささっと食べて下山しましょう。

風が強くて寒いです。

山頂は寒いので標高を下げます。

秋の葉はきれいで優しい色合いです。

ゆっくり歩いて鳩ノ巣駅に下山しました。

鳩ノ巣駅前でとりあえずビール。

The narrow trail to peak.

solo trekking camp

0コメント

  • 1000 / 1000