孤高のブナ

2018.4.2
孤高のブナを見に春休みのHARUと足尾へ行ってきた。
中倉山の先の稜線に1本だけ残る大きな木は足尾銅山煙害を生き抜いたブナとされ孤高のブナと呼ばれてるらしい。
ネットを徘徊しながらたまたま見つけたブナの木を中倉山にどうしても行きたくなった。
足尾という場所。埼玉からは東北道だけでいけアクセスがいい。ブナを見るだけというゆるいハイクで時間にも余裕があったので高速を栃木で降り足尾まで向かうことにした。いくつものヘアピンの存在する県道15号線、もう2度通ることはないでしょう。9時半というなかなかの時間に到着。でも今回は片道2時間くらいの山だし、頂上でランチするにはちょうどいい時間。
無料の足尾銅親水公園駐車場に車を停めて、公園内の案内の親切なおじさんに道を教わり出発。地図でルートを確認すると手前の横場山から尾根伝いに中倉山に行けるんじゃないかと…。横場山まで500mの高低差でそこから少し降り、さらに500m登れば中倉山山頂。地図上ではいけると判断。
登山道のない横場山の獣道を直登。藪漕ぎで動物の糞をかわしかわし振り返ると、先程の案内所のおじさんがの視線が痛い。教わったルートではないところを歩く親子を心配そうに見上げる中、「ごめんね、おじさん」と心の中で謝りつつ直登続行。
1017mの横場山山頂はなかなか解放感!
険しそうだが中倉山までの尾根を目で確認。
この辺りの山は煙害の影響から木が生えない。そのせいか土壌も脆い、掴む岩ももぼろぼろ崩れる。尾根も崩壊が進んでおり注意が必要。
山頂から少し降りたところで大規模に崩壊している箇所があり、何度かチャレンジするもトラバースが難しい。
尾根からのルートを諦め、仁田元川まで一旦降りて中倉山取付き口から通常ルートで登ることとする。ぼろぼろ崩れる山肌に難儀しながら仁田元川まで下山。個人的にはもう一度トライしてみたい。横場山の急登ではこの時期はマダニは居なそうだが暖かくなるといそうな感じ。
中倉山の前に砂防ダムでカップラーメンでランチをし中倉山取付き口から登る。最初から予想通りのつづら折りの登山道。思いつきで登った横場山ほどではないがなかなかの急登。稜線までは展望無し。相変わらず山肌は崩れやすい。 

1500m位からぱっと開け男体山や社山が見えると周りの山に木々はなくなんだか寂しい。500m下の横場山も見えてくる。

中倉山山頂からは庚申山や皇海山も見え、噂通りの360度の展望。さらに進むと孤高のブナがある。NPOによって柵で保護されている。こんな稜線に1本だけ残る立派なブナの木。人間の過ちと自然の力強さを感じる。

ブナの先もさらに続いてて楽しめそうな道。もう少し暖かくなったら縦走するのも楽しいかも。かじかの湯へ寄って帰ることにしよう。

The narrow trail to peak.

solo trekking camp

0コメント

  • 1000 / 1000