いつものキャンプ場

2018.5.4~6

待ちに待ったGW!

毎年同じキャンプ場の同じサイトで過ごすことにしてる我が家ですが、

懲りずに今年も行ってきました。

このキャンプ場は通常午後のチェックインとなってますが、予約したサイトが空いていればアーリーチェックインが出来るため毎年の計画的なアーリーチェックインを決行!

毎回ここを選らぶ理由としてこの時期はまだ水芭蕉も山桜も咲いていて、熱くなく程よい寒さで過ごしやすい。比較的人の少ない静かなキャンプ場であまり人気のないサイトを選んでます。もちろん人気のサイトはあって池越しに乗鞍岳が見えるサイトなんかは予約困難で一度人気サイトも試してみたんですが隣にテント建っちゃうとなんかいまいちで。ここ数年今のサイトに落ち着いてます。ここは音楽も花火も禁止のキャンプ場、ガヤガヤしてなく静かで落ち着きます。このサイトは池より下のサイトで池寄の一番奥にあり落ち着いた広めのサイトです。乗鞍岳は木々の間から少し見えるかな。

とりあえずのビールからのテント設営。

今年はタープなしでワンポールテントを2張りします。

幕は10年は使ってるであろうルクセと今年デビューのタコラシル。

タコラシルは気合入れてピン張り、ルクセは適当に。

テント、テーブル、椅子、焚火台、コット、シュラフ等、全部設営しても今は小一時間。5人家族なので設営作業を分担できてあっという間。この時ばかりは家族の多さを実感しみんなが頼もしく見え嬉しくなります。

初日は少し寒かったですが2日目は暖かく過ごせて、子供たちはスラックラインやハンモック、薪拾いと活発に動き回って忙しそう。夕方からは池にニジマス釣りをし久々のキャンプを満喫。美味しく頂きました。写真は釣れてなさそうですが・・・ちゃんと釣れました!

寒くなる夜はルクセを宴会場とし活用。これこそが正式なルクセの使い方かも。煙いのさえ我慢すればですが・・・

次男のKANAは遊び疲れて寝てしまい、4人での宴会を楽しみました。

予想外に美味しかったのがローソンで買ったホルモン鍋。これからの定番になりそう。魚を焼いて肉を焼いて日本酒をたらふく飲んで爆睡。

今回のキャンプで一番晴れた3日目の朝、天文台からは雪を被った乗鞍岳が良く見えました。ここは霞沢岳も奥穂も前穂だって眺めることのできる、このキャンプ場一押しの場所です。朝の誰もいない時間に天文台から眺めるこの時間がとにかく最高で毎年この時期に来てる気がします。これからも変わらない場所であってほしい。

来年もみんなでこれたらいいな。

The narrow trail to peak.

solo trekking camp

0コメント

  • 1000 / 1000